カテゴリ

創業者のアドバイス

プレシードのプレゼン資料を作成中ですか?資料に含める内容をご紹介します

プレシードの創業者は競争力を示す必要があります。成功するプレシードのプレゼン資料の作成をサポートする手法と、成否を左右するプレゼン資料内のセクションについて解明します。

プレシードのプレゼン資料を作成中ですか?資料に含める内容をご紹介します

プレシードのラウンドは洗練され続けているため、投資家は過去数年間よりも多くの時間をプレゼン資料の精査に費やしています。資金調達を成功させるには、プレシードの創業者がより多くの精査に対処し、さらに早い段階で製品の準備状況を示し、自社を競争力のある会社として位置付ける必要があります。

このブログでは、成功するプレシードのプレゼン資料の特徴や、VC が各セクションに費やす時間、プレシード段階の創業者が資料内に含めるべき成否を左右するセクションについて説明します。無料のプレゼン資料のテンプレートをダウンロードして、今すぐ始めましょう。

プレシードのプレゼン資料の目的について

プレシードのプレゼン資料の目的は、単純に、潜在的投資家にあなたと会いたいと思わせることです。これは、創業者が投資家に会社の価値を確信してもらうために使用する主なツールの 1 つであり、VC の注目を集められる可能性の高い方法で会社のストーリーを構築することができます。

「DocSend を使っていなかったら、こんな短期間でプレシードの資金調達は達成できなかったと思います。特定のリンクを使ってドキュメント分析を追跡することで、実際に興味を示してくれる有望な投資家に全力でアピールすることができました。」–Elude 創業者、アレックス・サイモン氏

投資家がプレシードの資料に費やす時間について

私たちの調査によると、VC はプレシードのプレゼン資料の評価に平均で 4 分 10 秒を費やしています。4 分は長くないと思うかもしれませんが、今日の投資家の忙しさや、送られて来る資料の数を考えると、長いといえます。

 

DocSend データに基づくプレシードのプレゼン資料の概要

 

連絡してきた創業者全員と会うことは、単純に VC にとって現実的ではありません。プレゼン資料は、投資家が特に関心のある会社に的を絞り、基準に達していない企業に対してすばやく判決を下すうえで役立ちます。このため、説得力のあるプレゼン資料を作成するだけでなく、包括的なプレシードの資金調達における投資家戦略を策定することも重要です。

成功したプレシードのプレゼン資料の特徴

まったく同じプレゼン資料は二つとないですが、成功したプレゼン資料はどれも明確に定義されたセクションで構成され、説得力のある手法でストーリーを伝えていることがわかります。プレシードの創業者は、こうした明確な形式、コンテンツ、スライドの順序を活用してストーリーを展開し、投資家と会い、資金調達を成功させています

プレシードのプレゼン資料のさまざまなセクションについて

DocSend データに基づくプレシードのプレゼン資料のスライド順序

VC の注目を集めるのに最適な方法は、次のセクションを含む 18 ページのプレゼン資料を(概説されている順序で)作成することです。

以下では、これらの各セクションについて詳しく説明し、それらの目的を定義して、潜在的投資家の心をつかむメッセージを作成するためにすべきことや、すべきではないことを紹介します。

セクション 1:会社の目的

会社の目的のスライドでは、プレゼン資料の最初のセクションとして、会社の目的に関する明確で記憶に残りやすい 1 文の説明を提示する必要があります。

複雑で壮大なビジョン ステートメントは避けてください。ここで重要なのは明確さです。目的を 1 つの文にまとめることで、資料を最後まで読み続けてもらえるように、投資家を最初に引き付けます。

さまざまな可能性を検討して、他者にチェックしてもらい、目的のステートメントが説得力に富んでいるだけでなく、理にかなっていることを確認してください。覚えておくべきなのは、ビジョン ステートメントを明確に定義するには、オリジナリティが必要になる場合がある、ということです。

  • セクションの長さの目安:1 ページ
  • 業界平均: 
    • 平均的な長さ:1.3 ページ
    • VC がここで費やす時間:33 秒

セクション 2:課題

目的のステートメントのスライドと同様に、2 番目のセクションでは、貴社で解決に取り組んでいる特定の問題を大まかに定義する必要があります。

長々とした課題のステートメントは避けてください。課題の概要を説明し、誰でも簡単に理解できるシンプルでわかりやすい言葉を使いましょう。

自社で解決しようとしていることを別の領域の VC が理解するかどうか、そしてその理由について検討してください。技術者以外の人やあなたの祖父母でも理解できるでしょうか?貴社の課題(とソリューション)には説得力や、多数のさまざまなステークホルダーにとっての関連性を持たせる必要があります。

  • セクションの長さの目安:1〜2 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:2.15 ページ
    • VC がここで費やす時間:39 秒

セクション 3:解決策

課題のステートメントの直後に挿入するソリューションのセクションでは、定義した課題の解決に貴社でどのようにして独自に取り組んでいるのかを強調します。

製品の技術的な詳細を含めるのは避けてください。この段階で 3 枚ものスライドを使って製品の詳細を語るのは早すぎます。それよりも、戦略的アプローチをクリエイティブで差別化されたものにすることにフォーカスしてください。

課題のスライドとソリューションのスライド間の整合性を検討してください。双方のセクションで扱う内容の幅広さと深さを同じレベルに保ちながら、明確で理解しやすいソリューションを概説するように努めましょう。

  • セクションの長さの目安:1〜2 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:1.5 ページ
    • VC がここで費やす時間:27 秒

セクション 4:今こそ必要な理由

オプションのセクションである「今こそ必要な理由」のスライドでは、会社の可能性を引き出したり、ソリューションのビジネス チャンスを見出したりできる現在の市況について説明します。ここでの一般的な例には、新型コロナウイルス、気候変動、社会正義などが含まれます。

ソリューション、製品、会社にとってタイミングが不適切な場合、このセクションをプレシードの資料に追加することは避けてください

課題とそのソリューションの緊急性について検討してください。このセクションは、必ずしもプレシードの段階にあるすべての創業者が使用するとは限りませんが、緊急性の高い課題の重大さを指摘できる場合には特に役立ちます。

  • セクションの長さの目安:1 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:1.5 ページ
    • VC がここで費やす時間:38 秒

セクション 5:製品

プレシードのプレゼン資料における製品のセクションは、シード以降の段階の資料における同セクションよりも前の方に配置されます。ここでは、製品の機能を強調して、自社で課題のステートメントを解決できる理由を示します。

このセクションで製品について軽く触れるだけで済ますことは、製品が一般提供されていない場合でも避けてください。このセクションは、プレシードの資料で特によく精査されるセクションの 1 つであり、投資家は貴社の製品エクスペリエンスがどのようなものなのかを把握する必要があります。

製品の準備状況についてできるだけ深く掘り下げることを検討してください。ワイヤーフレーム、スクリーンショット、埋め込み動画、figma のモックアップ、製品機能の gif など、さまざまな例を含めてみましょう。また、コンテキストに沿った見出しや簡単な機能の説明を追加して、製品を理解しやすくすることもできます。

  • セクションの長さの目安:3〜4 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:3.3 ページ
    • VC がここで費やす時間:77 秒

セクション 6:市場規模

市場規模のセクションは、製品のセクションより短くします。このセクションでは、現在の市況と将来の成長の可能性(TAM、SAM、SOM)の包括的な分析によって、ターゲットとして設定する顧客のプロファイルを明確に定義します。

貴社の市場(とアイデア)の正確な規模を過小評価することは避けてください。ここでは、貴社の課題とそれに対応できる市場が、アイデアや一連の機能だけでなく、会社全体を正当化するのに十分な規模になっていることを投資家に示す必要があります。

市場規模のセクションが目的、課題、ソリューションの各セクションにどのようにつながるかを検討してください。投資家を引き付け、資料の全体にまとまりのある物語を引き出すために、これらの 4 つの分野を混ぜ合わせる必要があります。

  • セクションの長さの目安:1 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:1.7 ページ
    • VC がここで費やす時間:39 秒

セクション 7:チーム

チームのセクションでは、創業時のチームを構成する人物とその経歴を紹介します。プレシードの段階では、VC は特に個人を壮大なアイデアと同じくらい重要視して投資を行います。

必要以上のコンテキストを追加するのは避けてください。このセクションは必然的に資料で特に言葉数が多くなりがちなセクションの 1 つであるため、当該の情報の内容が保証される場合にのみ、追加情報を含めるようにしてください。

写真、経歴、関連性の高い職務経験を使用して、創業メンバーのスキル セットを最適な形で紹介する方法を検討してください。チームの経歴を常に会社、会社のビジョン、解決しようとしている課題に結びつけてください。

  • セクションの長さの目安:1〜2 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:1.5 ページ
    • VC がここで費やす時間:46 秒

セクション 8:ビジネス モデル

ビジネス モデルのセクションでは、明確な収益化のプランと市場投入戦略を明記する必要があります。

資料全体で魅力的なアイデアだけについて語ることは避けてください。私たちの最新の調査によると、投資家はこのセクションを最も長い時間見ています。アイデアをどのように収益化できるか、そしてそれが時の経過とともにどのように発展するかについて、現実的なプランを考案しましょう。

プレシードのプレゼン資料の作成よりもかなり前の段階で、ビジネス モデルについて検討してください。その後、製品を構築する際に、収益化のプランと製品の市場適合性について緻密に計画します。貴社でどのようにして収益を上げるのかを投資家が明確に理解できるようにして、ビジネス モデルについてわかりやすい言葉で説明します。

  • セクションの長さの目安:2〜3 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:2.8 ページ
    • VC がここで費やす時間:83 秒

セクション 9:トラクション

このセクションでは、製品の段階に基づいた注目すべきトラクションについて詳しく説明します。トラクションには、現時点での顧客、見積もり、顧客の声を含めることができます。

十分なトラクションを示せないという理由で、このセクションをスキップするのは避けてください。投資家が確認したいのは、適切な製品が構築されていることを示す初期段階の指標です。投資家は創業者がいる段階を考慮に入れますが、創業者は自分のアイデアに持続性があることを示す必要があります。

市場のトラクションを示すさまざまな方法について検討します。プレシードの段階では、このセクションに意向表明書、顧客の声、顧客パイプライン、ベータ フィードバックを含められます。

  • セクションの長さの目安:1〜4 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:2.3 ページ
    • VC がここで費やす時間:37 秒

セクション 10:財務

プレシードの資料のセクションにおける別のオプションとして、財務セクションがあります。ここでは、企業の戦略的な支出履歴やバーン レートの概要を示します。

資金調達の依頼のセクションで支出履歴や予測を提示できる場合は、このセクションの追加を避けてください

戦略的に支出することで、どのようにして経時的に高い利益の実現が促進されるのかを示せる場合は、シードのプレゼン資料にこのセクションを追加することを検討してください。このセクションもシードの段階ではオプションですが、提示すべき財務履歴がある場合、投資家は財務履歴を進んで精査する可能性があります。

  • セクションの長さの目安:1〜2 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:1.4 ページ
    • VC がここで費やす時間:40 秒

セクション 11:競合

このセクションでは、同様の規模の競合他社と比較した自社製品の独自性について説明しましょう。

ご自身の領域で、大きな成功を収めた企業(Uber や Facebook など)を目指すことは避けてください。それよりも、どの企業が本当の競合相手なのかを把握していることを VC に示すと、注目を引くことができます。

どの企業や製品が貴社と密接に競合しているのかについて検討してください。また、同様の段階にある企業や、最近資金を調達した企業に特に注意を払いましょう。その後、競合他社の製品では不可能な方法で課題をどのように解決するのかを VC に示します。

  • セクションの長さの目安:1 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:1.3 ページ
    • VC がここで費やす時間:55 秒

セクション 12:投資の要請

初期段階のラウンドでは、資金調達の依頼が資料で最後のセクションになります。このセクションでは、調達を予定している金額と、資本を投入するための幅広いプランについて概説します。

内容を複雑にするのは避けてください。依頼する金額を正確に投資家に伝えて、その使用プランについて正当性を主張できるようにしてください。

採用や研究開発など、どのカテゴリに出費する予定なのかを検討してください。資金提供の依頼のセクションは、潜在的投資家が貴社の次の章の記述を手助けしてくれるようなものとして捉えてください。

  • セクションの長さの目安:1 ページ
  • 業界平均:
    • 平均的な長さ:1.2 ページ
    • VC がここで費やす時間:40 秒

入念に作成されたプレゼン資料で業界のノイズをはねのける

これらの各セクションを意図的でまとまりのある形に構成すると、事業の構築に費やした時間、労力、調査の量を潜在的投資家に対して示すために役立ちます。プレシードの資金調達は、今後数年間でさらに洗練され、競争も激化していくことでしょう。明確に構造化されたプレゼン資料は、あなたのアイデアが次の目玉になる可能性を秘めていることを VC に確信してもらううえで役立ちます。

プレシードの資金調達の成功を偶然に委ねないようにしてください。資金調達のプレゼン資料の作成に関する詳細なガイドと、すぐに使い始められるプレゼン資料のテンプレートをチェックしてください。