DocSend の資金ネットワークを活用して、シード ラウンドでの資金調達に成功した UserGems

UserGems は、DocSend の資金調達ネットワークを通じて条件規定書を交わし、シード ラウンドを調達しました。

UserGems の共同創業者兼 CEO であるクリスチャン・クレッツル氏は、シード ラウンドの資金調達を検討していたとき、投資家を紹介してもらうという別の方法を利用できることに気づきました。DocSend 資金調達ネットワーク(DFN)は、有望な創業者と投資意欲のある VC とを結びつけることに特化した、データ主導の無料プログラムです。

「自分のプレゼン資料を DocSend 資金調達ネットワークに提出したところ、DocSend から 48 時間内に、完璧な資料を作成する方法について、わかりやすく具体的なフィードバックがありました。それだけでなく、私のアイデアに純粋に興味を示している VC もいくつか紹介してくれました。」

 

 

「DocSend 資金調達ネットワークが Uncork Capital を紹介してくれたおかげで、条件規定書を交わすことができました。資金調達プロセスでは、今回のように私たちのニーズをくみ取った実際的な支援が、創業者には計り知れないほど貴重です。」

成功指標に DocSend の資金調達ネットワークを活用した UserGems

DFN は UserGems に、関心を示している 21 の VC を紹介することができました。その結果、8 回のミーティングと 2 度の条件規定書の提出を経て、Uncork Capital から承認済みの条件規定書を 1 通受け取ることができました。

DocSend を導入する前は、クレッツル氏は添付ファイルで投資家とプレゼン資料を共有していました。この方法は、投資家の興味を引くことができたのか、本当に関心を示しているのはどの投資家かなど、多くの謎や疑問を生み出すだけでした。

 

 

「DocSend では、投資家にメールを送った瞬間から、さまざまな情報が次々と得られます。リアルタイムの通知により、誰が私の資料を、どのくらいの時間見ているかを知ることができます。何より重要なのは、プレゼンのどの部分が、投資家の興味を最も引いているかがわかることです。DocSend があれば、プレゼンテーションに含まれている情報への興味が時間とともに変化しているかどうか、その情報がどのように閲覧されたかを知ることができます。」

使いやすいリアルタイム分析機能で
共有ドキュメントを保護