カテゴリ

創業者のアドバイス

創業者が資金調達データ ルームに用意すべき 4 種類のドキュメント(と数点のその他のヒント)

資本を調達中の創業者は、整理されたデータ ルームを補足的なものと考えるべきではありません。データ ルームを、潜在的投資家にご自身の思慮深さと効率性を印象付ける手段として捉えてみましょう。
Vitalize Venture Capital、創業者兼マネージング パートナー、ゲイル・ウィルキンソン氏

私は 9 年間スタートアップ企業に資金を提供してきましたが、デュー デリジェンスのプロセスで創業者から確認する必要のあるドキュメントのリストが時とともに変化していることに気づきました。私はキャリアの早い段階で、手に負えないことが明白なドキュメントの膨大なリストを扱っていました。役立つ可能性のあるすべてのドキュメントを探し出すのは、創業者にとって困難かもしれません。そして私は、非常に複雑なデュー デリジェンスのプロセスが潜在的な取引を妨げるのではないかという懸念を募らせました。

近頃、私はデュー デリジェンスのプロセスで妥協点を見出すことがあります。他方では、資金の提供先の会社に関する十分な関連情報を入手することで、LP に対する良き受託者になる必要があります。しかしその一方で、私は創業者に対する良きパートナーとなり、要求によって彼らに過度の負担がかかることのない強固なプロセスを実行する必要があります。以下で紹介するのは、一般的に必要とされるドキュメントです。これらは、すべての創業者がデータ ルームに含める必要があるものだと私は考えています。

財務諸表と年間予測

計算書類は、私がデータ ルームで最初に探すファイルの 1 つです。創業者は、創業以来の過去の損益計算書に加えて、年度の半ばの場合は年初来の明細書を含める必要があります。また、企業の最新の貸借対照表も確認する必要があります。

また、財務予測も非常に重要です。プレシード企業やシード企業が財務モデリングを行うべきではないと考える VC もいますが、事業を深く理解している創業者は、当然、財務モデルの準備に時間を費やしたいと考えると思います。予測は、創業者の考え方を知るうえでも役立ちます。

プレシード段階の企業は 3 年分の年間予測を示す必要があり、シード段階の企業は 5 年分を示す必要があります。これらは、セグメント別の収益、売上原価、経費、および EBITDA(キャッシュ バーンの代わり)を含むかなり基本的なモデルです。複数の事業部門がある場合は、それらを分割して、セグメント別の売上原価も必ず表示する必要があります。経費はマーケティングと営業、一般的な管理費用、研究開発をカバーしている必要があります。最後に、私が確認するのは、収益が 2,500 万 US ドル以上に到達するには、今後数年間でどれだけの資本が必要になるのかです。私のその他のツイートをいくつかチェックすると、収益予測の作成方法に関するヒントが得られるかもしれません。

予測は、創業者の考え方を知るのに役立ちます。プレシード段階の企業は 3 年分の年間予測を、シード段階の企業は 5 年分の予測を示す必要があります。@VitalizeVC の @galeforceVCX で共有

最終的に、財務予測は、創業者が事業の基本的な要素について考慮したかどうかを把握するのに役立ちます。たとえば、想定される数の顧客を毎年取り込むには、何人の営業担当者が必要でしょうか?研究開発に十分な費用が投じられているでしょうか?粗利益は妥当でしょうか?創業者は、こうした側面や、自身の事業に固有の他の側面について、有意義に考えたことを私に示す必要があります。

リファレンスのリスト

リファレンスは、協業する創業者について知り、解決に取り組んでいる課題を顧客がどのように認識しているかを判断するために使用するもう 1 つのツールです。

創業者が目指すべきなのは、リストに次のような個人を幅広く含めることです。

  • 経営陣の主要メンバー
  • 1~2 人の顧客
  • 1~2 人の現在の投資家(いる場合)
  • アドバイザー
  • あなたのことをよく知っていて、事業を信頼すべき理由を裏付けられるその他の人々

最適なリファレンスとして、既存の顧客、アドバイザー、現在の投資家、現在の主要なチーム メンバーが挙げられる傾向にあります。(余談ですが、私の場合、創設者がデータ ルームに含めるリファレンスに加えて、自分のネットワーク内のその他の個人に連絡してよくフィードバックをもらっています。)創業者がリファレンスのリストをまとめる際には、創業者のビジネスを理解し、創業者から信頼されていて、会社について良いことを言ってくれる人物を選ぶことが重要です。創業者は、誰がリストに載っているのを明確に把握し、それらの人物がどのような発言をするのかをきちんと判断する必要があります。

リファレンスのリストを作成する方法の 1 つは、関連性の高い個人の連絡先情報(メール アドレスと電話番号)を含めることです。ただし、創業者は、リファレンスの名前、所属、LinkedIn プロフィールのみを共有し、必要に応じて連絡先情報の提供を申し出ることをお勧めします。どの時点でも、創業者のデータ ルームには 10~20 人がアクセスしている可能性があります。全員が同じリファレンスに連絡しているとしたら、フラストレーションがたまってしまうでしょう。

投資家全員が貴社の最高レベルの顧客に連絡することを好ましく思わない場合もあるかもしれません。代わりに、リード投資家にこうしたリファレンスの顧客と話をしてもらい、メモを書き留めた後、データ ルームでシェアしてもらうことをお勧めします。このようにすると、他の投資家はそのメモを読むことができ、特定の顧客の手を煩わせる必要もなくなります。

現在のキャップ テーブルとプロフォーマのキャップ テーブル

創業者は、現在のキャップ テーブルとプロフォーマのキャップ テーブルを共有し、事業において株式が現在どのように割り当てられているか、および現在の資金調達ラウンド後に割り当てがどのように変化するかを潜在的投資家に示す必要があります。現在のキャップ テーブルでは、現時点での会社の所有権に関する概要を示す必要があります。プロフォーマのキャップ テーブルには、現在調達中の資金調達ラウンドの後に期待できることを追加する必要があります。そうした情報を追加するには、このラウンドの投資家が所有することになると想定される会社の割合を示します。

キャップ テーブルには、創業者以外の投資家や株主の名前を含める必要はありません。たとえば、次のような形式にします。

  • 創業者 A:45 %
  • 創業者 B:30 %
  • 既存の投資家:15 %
  • 割り当て済みのオプション:2 %
  • 未割り当てのオプション プール:8 %

現在の所有権に関する簡略化された概要を示すのを好む創業者もいるかもしれませんが、私は、誰が会社の何パーセントを所有しているのかを正確に概説した詳細なバージョンを確認したいと思っています。詳細なキャップ テーブルは、会社のステークホルダーの経時的な変化に関するインサイトが得られるため、重要です。たとえば、株式を所有していても、現在ビジネスに関与していない人はいるでしょうか?詳細なキャップ テーブルでは、こうした情報が前面に出されており、根拠もなく推し量ったり、混乱したりすることもありません。

詳細なキャップ テーブルは、ステークホルダーの経時的な変化についてのインサイトを得られる重要な b/c です。たとえば、株式を所有していても、現在ビジネスに関与していない人はいるでしょうか?@VitalizeVC の @galeforceVCX で共有

投資に関するドキュメント

最後に重要なのは、この資金調達ラウンドに取り組んでいる期間を示すドキュメントです。SAFE を実施している場合、きっとデータ ルームにそうしたドキュメントが必要になることでしょう。調達金額が確定したラウンドがあり、すでにドキュメントが用意できている場合は、それらも共有する必要があります。また、過去には、既存の SAFE や、このラウンドで変換する予定のコンバーチブル ノートを含めている創業者もいました。

検討すべきその他のドキュメント

上記のドキュメントはデータ ルームにおける「必需品」ですが、あらゆる情報をくまなく伝えるために、その他の関連情報を共有するのもよいでしょう。定款はいずれかの時点で確認する必要があるため、通常は最初から含めることをお勧めします。さらに、すでにラウンドに関与している投資家がいるかどうかや、その金額を示すのもよいでしょう。別のオプションとしては、このラウンドから得られた資金の使用に関する詳細なプランを示すことが挙げられます。製品ロードマップや市場投入戦略など、戦略に関するその他のドキュメントも役立つ可能性があります。これらのドキュメントのいずれかをすでに用意している場合は、ぜひデータ ルームに含めてみましょう。ただし、データ ルームのためだけにそれらを作成する必要はありません。

創業者がデータ ルームに任意で含められるドキュメントは、他にもいくつかあります。

  • 会社の報道記事へのリンク
  • ベータ テスト、パイロット、初期の顧客からの使用データ
  • 顧客リスト
  • 顧客との契約のサンプル
  • 特許または商標

これらのその他のドキュメントに関しては、本当に関連性の高いものだけを含めることが重要です。最後に、未解決の訴訟や、デュー デリジェンスのプロセスで問題視される恐れのあるその他の事項がある場合は、躊躇せず、当該の情報を積極的に含めるようにしてください。

優れた資金調達データ ルームで他社との差別化を実現

資金調達の開始時におけるデータ ルームの組み立ては、ほんの数時間で終わることでしょう。しかし、これはそのプロセスを軽視してよいということではありません。むしろ、創業者が目指すべきなのは、他の創業者たちと差別化して、投資家に強い印象を残すうえで役立つ、可能な限り優れたデータ ルームを作成することです。

  • データ ルームに含めるセクションの数の目安は 4〜7 つです。投資家に情報を過剰に提供せず、資金調達に関する判断に必要な特に関連性の高い情報にアクセスしやすくしましょう。
  • これらの各セクションにわかりやすい名前を付けたフォルダを含めて、含まれているドキュメントの内容や、それらの保管場所を投資家が一目で正確に把握できるようにします。
  • DocSend などのデータ ルーム プロバイダを利用すると、情報を最新の状態に保ち、投資家が確認している内容を追跡することができます。

その他のヒントについては、Twitter で私(@galeforceVC)をフォローし、新しいインクルーシブなエンジェル グループである Vitalize Angels をチェックしてください。


DocSend では、ブログやウィークリー インデックス ニュースレターで外部の専門家を取り上げ、技術者向けコミュニティ内からのユニークで多様な視点を共有することを目指しています。仲間と共有したいストーリーやアドバイスがある場合は、コントリビューター プログラムにご参加ください